症状別

頭痛

頭痛は嫌ですね、私も以前は頭痛がありました。頭全体の痛みやコメカミ、右の頭だけの痛み、左の痛み、後ろ頭から首にかけての痛み、眉間の痛み、など、一言で頭痛といっても様々な症状があります。雨の前の頭痛、お酒を飲んでの頭痛、疲れから来る頭痛、等、場所も時期も様々です。頭痛の原因は何でしょうか。

頭痛の原因は頭蓋骨の変形です。乳幼児期、幼少期の打撲が多いです。はいはいして土間に落ち頭を打った、お座りしていて後ろにひっくり返る、階段から落ちた、アミドを外して庭に落ちた等、様々です。私たちは、3歳以下の記憶がありません。その時に頭を強打し、凹みができ、それが原因で大人になってからも頭痛に悩まされるようです。 頭蓋骨には髪が生えていますので、歪み(変形)があっても見た目ではわかりません。私達、施術者も患者さんを、施術用のベッドに下向きで寝て頂き触診をする事ではじめて、歪みを見つける事ができます。

頭痛で悩み、3年間、頭痛外来で病院に通っているという方が来店しました。頭部全体に痛みがあり、痛み止めのお薬を毎日飲んでいるとのことでした。早速、頭部を触診してみますと、後頭部に大きな凹みがありました。聞いてみても頭を打った記憶は無いとの事でした。きっと記憶の無い幼い時に頭部に衝撃を受けたのだと思い矯正を進めました。1回目の施術でかなり改善し、3回目の施術でほぼ凹みは改善され、痛みも無くなり、薬も飲まなくても良くなったとの事でした。

このように、頭痛の原因は頭部に衝撃を受けた事で、頭が変形している事が原因です。入場行進のプラカードで先生に叩かれた、バレーボールが目の上に当たった、後ろにひっくり帰った時に花壇の角で後頭部を打った、遊具から落ち頭部を打った、交通事故に遭い、フロントガラスで頭部を打った等、様々な衝撃が頭部の歪みとなり、頭痛の原因となっています。

頭痛は頭蓋骨の変形が原因なので、その変形を見つけ矯正すれば、頭痛は軽減します。頭部の変形を自分のツムジと思っている方も多く、指摘して初めて気づく方も多くいます。頭痛のある方は、必ず頭の変形があります。一人で悩まずにご来店ください、一緒に変形を発見し矯正ましょう!

肩こり・四・五十肩

肩こり・四・五十肩は、首から頭にかけて、右肩が特に、首の付け根が酷い、腕を上げると激痛、腕が挙がらない、背中に痛み、等症状は様々ですが、原因は何でしょうか。

原因は肩まわりの打撲による骨の変形です。肩、肘、後頭部は打撲しやすい構造になっています。その為、どこかから落下すると、打つ可能性が高く、それにより変形している事が多いのです。解りやすい例を出しますと、追突事故をおこして、シートベルトで守られてフロントガラスに打ち付けられるのを回避できた方が来院しました。しかし、むち打ちで、右肩に痛みがあるとの来店理由でした。 一通り問診した後、右肩あたりを触診しますと、鎖骨に凹んだ痕を発見しました。ちょうど事故の衝撃で、シートベルトが鎖骨にめり込んだと思われるように凹んでいました。その変形を丁寧に矯正しましたところ、右肩の痛みは改善してゆきました。

肩こり・四・五十肩は、上腕骨、鎖骨、肩甲骨、肋骨に衝撃を受け、変形しているのが原因です。ですので、その変形を矯正致しますと、症状は改善に向かいます。中でも肩甲骨の変形を矯正できるようになり改善率は飛躍的に上がりました。

腰痛

腰痛は、ヘルニア、椎間板狭窄症、すべり症、等、様々な病名がありますが、全ては骨盤廻りの骨の変形が原因です。大腿骨、大転子、座骨、腸骨、仙骨、腰椎、等を強打したための変形が原因です。人間はこけた時、骨盤部を打ちやすい形状になっています。しりもちをついた、階段から落ちた、お風呂で滑った、等が原因で、骨盤部を強打すると、骨盤部が変形します。その変形が原因で、腰痛が起きます。その変形を取り除きますと症状はなくなります。

一般的に病院では腰椎の4番5番仙骨の椎間板がすり減る為に腰痛が起こると考えられていますが、本当は骨盤周りの骨の変形が腰痛の原因です。最近は腰痛の手術をしても3年以内に再発する確率は80%とのデータがあるので、手術ではなく保存療法が普通になっています。保存療法とは手術はせずにマッサージや薬などで、腰痛を抑え一生付き合ってゆきましょうという事です。腰痛を持ったまま一生付き合ってゆくのはきついですので、骨盤部を正しく矯正し完治を目指しましょう。

膝の痛み

膝の痛みは、軟骨がすり減る、水が溜まる、等が原因と考えられていますが、本当の原因は膝の骨の変形だと思います。何かにつまずき、こける時、膝を打つ場合が多く、体重が乗り激しく打つ場合があります。その時に傷ができ、傷痕になり膝に残っている方は必ずと言って良いほど、膝あたりの骨に変形があります。大腿骨の下端か脛骨の上端又は、半月板の表面の、どこかに骨の変形があります。その変形を取り除くと症状は改善します。